私の不動産

リノベーションの資金計画について

ご紹介したリノベーションプランのトータル費用(概算)

物件購入費 980万円 + 改装費 540万円 = 1,520万円 ※改装費用には解体費、設計費も含みます。

リノベーションの資金計画について

中古マンションに限らず、不動産物件を購入する場合、資金計画が一番大切です。中古マンションを買って、自分スタイルの理想の家にするため、リフォームするというスタイルも、一般的になって来ました。銀行をはじめとする金融機関もそんなニーズにあわせたローン商品もさまざまにラインアップされてきています。

資 金

総予算
ローン(融資金)+自己資金
総費用
購入価格(中古マンション価格)+諸費用+改装費
(リノベーション費用)
リノベーションの資金計画について

ローン

今までは、中古マンションを買ってからリフォームを行う場合、自己資金以外では無担保の「リフォームローン」が一般的でした。しかし、「リフォームローン」では、最初からリフォームを前提にマンション購入を考えておられる方は利用しにくい金融商品でした。そこで、登場してきたのが、住宅購入資金とリフォーム(改修)費用を一括して借りることのできる新型の「住宅ローン」です。 このふたつのローンは、それぞれメリット、デメリットがありますので、これを比較してみました。いずれにしても、リフォームの時期、費用を考慮し、無理のない返済計画で、ローン商品を選ぶことが重要です。
従来型リフォームローン
  • 無担保(抵当権の設定が不要)
  • 金利が高い
  • 借入可能金額が少ない(50万~500万円程度)
  • 借入期間が短い(最長10年)
  • 比較的容易に借りられます。
改修費用込みの住宅ローン
  • 有担保(抵当権の設定が必要)
  • 金利が低い
  • 借入可能金額が大きい(500万~5,000万円程度)
  • 借入期間が長い(最長35年)
  • 審査が厳しく、時間がかかることがあります。